未分類

mHSPCのサブタイプでADTへのドセタキセル追加の有用性が異なる可能性【ASCO GU 2020】

投稿日:

 転移を有するホルモン感受性前立腺癌(mHSPC)の遺伝子発現プロファイリング(GEP)により、アンドロゲン遮断療法(ADT)+化学療法が有用なサブタイプを特定できる可能性が示された。ADTにドセタキセルを追加することにより、Luminal Bでは全生存期間(OS)が延長し、Basalではこうした有用性はみられないことが、第3相のランダム化比較試験(E3805 CHAARTED)の相関研究から示された。2月13日から15日まで米サンフランシスコで開催されているGenitourinary Cancer Symposium(ASCO GU2020)で、米Dana-Farber Cancer InstituteのAnis A Hamid氏が発表した。
Source: 一般情報
mHSPCのサブタイプでADTへのドセタキセル追加の有用性が異なる可能性【ASCO GU 2020】

リクルートが運営する医師専門の「転職・アルバイトサイト」。

 ◎完全無料
 ◎完ぺきな秘密保持

・常時1万件を超える非公開の求人情報
  (年収1,800万円以上)
・経験豊富な専任コンサルタントが親身にサポート

あのリクルートだからこそ安心して任せられる。

-未分類

Copyright© 医学学会ニュース , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.