未分類

アベルマブが進行尿路上皮癌の1次治療の維持療法として米国で承認

投稿日:

 ドイツMerck社と米Pfizer社は6月30日、抗PD-L1抗体アベルマブについて、局所進行または転移を有する尿路上皮癌の1次治療の維持療法として、米食品医薬品局(FDA)から承認を獲得したと発表した。
Source: 一般情報
アベルマブが進行尿路上皮癌の1次治療の維持療法として米国で承認

リクルートが運営する医師専門の「転職・アルバイトサイト」。

 ◎完全無料
 ◎完ぺきな秘密保持

・常時1万件を超える非公開の求人情報
  (年収1,800万円以上)
・経験豊富な専任コンサルタントが親身にサポート

あのリクルートだからこそ安心して任せられる。

-未分類

Copyright© 医学学会ニュース , 2020 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.