「未分類」 一覧

問診ではまず宗教を聞け!─多宗教と医療

2022/01/24   -未分類

多民族国家で、複数の宗教が根づいているマレーシア。宗教的価値観の影響力も強く、診察時にも注意すべきことが多いようです。 Source: 一般情報 問診ではまず宗教を聞け!─多宗教と医療

アラグリオ顆粒剤、アラベル内用剤の併用禁忌削除

2022/01/24   -未分類

 診断用薬のアラグリオ顆粒剤、アラベル内用剤(一般名アミノレブリン酸塩酸塩)の併用禁忌から「テトラサイクリン系抗生物質、スルフォンアミド系製剤、ニューキノロン系抗菌薬、ヒペリシン(セイヨウオトギリソウ ...

看護職員の給与引き上げ事業の要綱を提示

2022/01/24   -未分類

新型コロナウイルス感染症(COVID-19)に対応する非常勤を含む看護職員の給与引き上げが2月に前倒しで実施されることを受け、厚生労働省は1月11日、医療機関に支払う補助金の算定方法を明記した「看護職 ...

在宅医療に欠かせない訪問診療医の選び方

2022/01/24   -未分類

病状が悪化して通院が難しくなったとき、医師が定期的に患者の自宅へ出向いて診療や健康管理をするのが訪問診療。がんの患者が自宅で終末期を過ごす際には、訪問診療が不可欠になる。都市部では在宅医療専門のクリニ ...

白内障で網膜剥離の状態を把握する方法は?

2022/01/24   -未分類

眼科2年目の看護師です。2年目ということもあり、誰にも聞けずに困っていることがあります。それは白内障と網膜剥離を併発している患者さんのことです。その患者さんは看護師が見てもすぐに白内障の状態が悪いと分 ...

未治療の進行肝細胞癌にアテゾリズマブ+ベバシズマブでPD後もアテゾリズマブ継続投与は有用である可能性【ASCO GI 2022】

2022/01/23   -未分類

 全身治療を受けていない切除不能な肝細胞癌(HCC)に対し、抗PD-L1抗体アテゾリズマブとベバシズマブの併用療法は、RECISTv1.1による病勢進行(PD)後も臨床的有用性が維持された患者には、ア ...

AFP高値の進行肝細胞癌へのラムシルマブの有効性と安全性は前治療がソラフェニブ以外でも同様【ASCO GI 2022】

2022/01/23   -未分類

 αフェトプロテイン(AFP)高値の進行肝細胞癌(HCC)へのラムシルマブの有効性と安全性は、前治療がソラフェニブでない場合もソラフェニブだった場合と同様である可能性が明らかとなった。フェーズ3試験で ...

高齢者の進行大腸癌の初回治療はフルオロピリミジンとベバシズマブの併用療法が推奨に【ASCO GI 2022】

2022/01/23   -未分類

 高齢者の進行大腸癌の初回治療は、フルオロピリミジンとベバシズマブの併用療法が推奨されることが明らかとなった。mFOLFOX7またはCapeOXとベバシズマブの併用療法と、5-FU/l-LVまたはカペ ...

手術後のctDNAの継続的な解析で手術可能大腸癌の術後補助化学療法が有効な患者を同定できる【ASCO GI 2022】

2022/01/23   -未分類

 手術後の血中循環腫瘍DNA(ctDNA)の継続的な解析で、手術可能大腸癌の術後補助化学療法が有効な患者を同定できることが明らかとなった。153施設が参加するリキッドバイオプシーによる癌個別化医療の実 ...

抗EGFR抗体薬を含む1次治療を受けた進行大腸癌の2次治療でFOLFIRI+ラムシルマブの有効性と安全性が確認【ASCO GI 2022】

2022/01/23   -未分類

 抗EGFR抗体薬と化学療法による1次治療を受けたRAS遺伝子野生型進行大腸癌の2次治療で、FOLFIRI+ラムシルマブ療法の有効性と安全性が確認された。日本で実施されたオープンラベル単群多施設フェー ...

Copyright© 医学学会ニュース , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.