オキサリプラチンとフルオロピリミジンによる術後療法に抵抗性の再発大腸癌にFOLFIRIとラムシルマブの併用が有効な可能性【WCGIC 2022】

投稿日:

 オキサリプラチンとフルオロピリミジンによる術後補助療法に抵抗性の再発大腸癌に、FOLFIRIとラムシルマブの併用療法が有効な可能性が明らかとなった。国内で実施された単群フェーズ2試験であるRAINCLOUD試験で、有効性を示唆する結果が得られ、想定外の副作用発現はなかった。6月29日から7月2日にスペインバルセロナで開催されているESMO World Congress on Gastrointestinal Cancer 2022(WCGIC 2022)で、大阪国際がんセンターの杉本直俊氏が発表した。
Source: 一般情報
オキサリプラチンとフルオロピリミジンによる術後療法に抵抗性の再発大腸癌にFOLFIRIとラムシルマブの併用が有効な可能性【WCGIC 2022】

-未分類

Copyright© 医学学会ニュース , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.