化学療法抵抗性のHER2陽性大腸癌にトラスツズマブとtucatinibの併用が有効な可能性【WCGIC 2022】

投稿日:

 化学療法抵抗性のHER2陽性進行大腸癌に対して、トラスツズマブとHER2選択的経口チロシンキナーゼ阻害薬(TKI)tucatinibの併用療法が有効な可能性が明らかとなった。フェーズ2試験であるMOUNTAINEER試験の主解析で、良好な抗腫瘍効果と持続的な効果が認められ、全生存期間(OS)中央値は2年となった。6月29日から7月2日にスペインバルセロナで開催されたESMO World Congress on Gastrointestinal Cancer 2022(WCGIC 2022)で、米 Duke University Medical CenterのJ. Strickler氏が発表した。 
Source: 一般情報
化学療法抵抗性のHER2陽性大腸癌にトラスツズマブとtucatinibの併用が有効な可能性【WCGIC 2022】

-未分類

Copyright© 医学学会ニュース , 2022 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.