「うっかりドーピング」にならないために その5

投稿日:

 喘息やCOPD治療では吸入療法が治療の核となりますが、近年は吸入ステロイド薬(ICS)と長時間作用性β2刺激薬(LABA)に加え、長時間作用性抗コリン薬(LAMA)との3成分配合薬(ICS/LABA/LAMA)も多く用いられるようになっています。しかし、その患者さんがスポーツ選手で、スポーツ大会に参加する際にはドーピング問題にも注意しておかなければなりません。 2021年1月1日から全世界・全スポーツ共通のルール である「2021年版世界アンチ・ドーピング規程(CODE)」と「国際基準」(日本語版あり)が新しくなり、競技会(時)および競技会外における禁止薬剤が更新されましたので、私たち臨床医も留意しておく必要があります。 蛋白同化
Source: 一般情報
「うっかりドーピング」にならないために その5

-未分類

Copyright© 医学学会ニュース , 2021 AllRights Reserved Powered by AFFINGER4.